新着順:10/2346 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コーヒーと蒸しイモ

 投稿者:TECCHAN  投稿日:2018年 5月 3日(木)19時55分25秒
  通報 返信・引用
  詞とメロディのギャップについて、阿木さんは
「じっくり聴いてくうちに、あ、なるほどなと思って。多分もうちょっと聴くと、
こなれてきて、2人のびっくりの感じが、唖然ていうんじゃなくて、
うまく融合していくようになるんだと思うんだけど」
と話されています(明日香・見聞録Ⅱからの引用)。

作詞者の場合、メロディがない状態で作詞して、メロディがあがってきてビックリ
ということもあると思いますが、一般の人はラジオなどで同時に知ることになります。
私が「彼岸花咲いた」を初めて聴いたとき、詞とメロディのギャップを
不自然に思った記憶はなくて、これはこれでいい曲と思ったんじゃないかな。
なんせ、昭和50年代のことなんで・・・

この曲のレコーディングでギターを担当されたのは加藤雅夫さんです。
加藤さんは他にも「悲しいね」でもレコーディングに参加されています。
「悲しいね」の作詞は名古屋音楽大学の同窓生である藤田結香さんです。
たぶん、藤田さんもビックリだったと思います。
いつだったか、明日香さんが悲しい曲を悲しく歌うのではなくてというような
話をしていました。前向きに生きるという人生観がでているのかも。

「まあるくいきて」は、「クルックルッ」というコーラスが印象的でした。

「ケセラセラソング」の「ケ・セラ・セラ」って、今では死語ですよねえ。
昔の映画に由来していて、詞にあるように「どうにかなる」というような意味だと思います。
人生いろいろありますが、私も今、予想外の人生になっていて、でも、
「ケ・セラ・セラ」と思っています。

「イマジナシオン」は阿木さんがどのような思いで作詞されたのか、
私は知りません。今、この曲を聴いて思うことは、一種の反戦ソング。
そう思うのは、たぶん、私だけでしょうね。
世界的に有名な反戦ソングとしては「イマジン」があり、
それもあると思いますが、「空よ」を聴いて、そう思いました。
「空よ」はよい曲ではありますが、メジャーから若い女性の歌として
リリースするには、無理があったと思います。
「明日香・見聞録Ⅱ --コーヒーと蒸しイモ--」の中で
詞を紹介するのが精一杯だったかと。

プラカードを掲げて「戦争はんたーい」という時代は過ぎた後でしたが、
「普通」(他の人と同じ)でありたい欲求が強く、個性が強いと
あまりよくは思われませんでした。
違うからこそ、いいってこともありますよね。
戦争は国レベルの話だけど、一般の人が自分できることといえば、
まずは違いを認めること。
平和の実践を個人レベルで、恋愛を絡めてというのが
イマジナシオンということかなって。

「空よ」をCDとしてリリースするにあたって、これを聴いていただいた方の
「じゃ、どうすればいいか」という問いに対して、「た・い・せ・つ」という曲を
カップリングに選びました。
国レベルのことでも、結局は個人の意思の集合なわけだから、
「た・い・せ・つ」も聴いていただくことで、行動につなげるかと思って。
ちなみに、この曲の作詞者は当時のマネージャでもある夏紫子さんです。

阿木さんの受章をきっかけに、「コーヒーと蒸しイモ」の各曲を聴きました。
「イマジナシオン」で反戦というキーワードが思い浮かんだことに、
自分でも少し驚いています。

最後に、「コーヒーと蒸しイモ」というタイトルを見て、いつも思うことを。
それは送り仮名。「蒸し」だと「むし」と読めるので、「蒸かし」の方がいいかなって。
普通の人は、「コーヒー」と「蒸(か)しイモ」の組合せに着目すると思うけど、
自分はそれにはあまり気にならなくて、送り仮名が気になって・・・
ついでに言えば、蒸かすよりも、焼いた方が美味しいかと。

皆さんの思い出話も教えてくださいね。
 
》記事一覧表示

新着順:10/2346 《前のページ | 次のページ》
/2346