新着順:173/2370 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

懐かしさと悲しさと・・・

 投稿者:  投稿日:2013年10月28日(月)22時41分17秒
  通報 返信・引用
  34年前1年生で入ってきた君は、いつもキラキラして輝いていてかわいく、いつの間にか惹かれて行く自分がそこにいたことをいまでもはっきり覚えています。大きな舞台へ出て行く君を見ているのが楽しかった。今日、同級生からの凶報でお亡くなりになったことを知りました。残念でなりません。胸の奥が締め付けられているようで、哀しみが止まりません。君の、心に響く詩が曲が声が願いが、いつまでもみんなの心に残り続けることを祈っています。ありがとうミナ。  
》記事一覧表示

新着順:173/2370 《前のページ | 次のページ》
/2370