teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


劔岳登頂

 投稿者:  投稿日:2010年 9月 4日(土)21時47分52秒
返信・引用
   一昨年の槍、昨年の穂高と続いた若手の訓練登山。今年は最終章ということで、8年ぶりの劔岳に行ってきました。去年、映画「劔岳 点の記」が公開され、今年は一月ほど前にその映画がテレビで放映されたためか、かなり険しいルートであるにもかかわらず、多くの人で賑わっていました。
 朝、まだ暗いうちに剣山荘を出発、前劔で軽い朝食の後、カニの辺りで少し手こずるメンバーもありましたが、皆無事に登頂を果たすことができました。
 私は若い頃から岩場が好きだったので、今回もカニの辺りは何ら問題はなかったのですが、日頃の運動不足がたたって普通の登山道でみんなの足を引っ張ることになってしまいました。まったく、年は取りたくないものです。
 剣山荘に戻って昼食の後、一気に室堂まで戻って、その足で帰途に着きます。ただ、当然ながら早い時間の列車に乗れるわけはなく、帰る時間も遅くなったので、私は慶さん宅にお泊まりとなりました。
 
 

富士山登頂!!

 投稿者:  投稿日:2010年 7月29日(木)11時52分5秒
返信・引用 編集済
   去年、悪天のため8合目で撤退となった職場有志の富士登山。リベンジということで今年も行ってきました。私にとっては5度目ということになりますが…。
 コースはこのところ毎回そうしているように、富士宮口から入って途中で御殿場ルートへ回り、8合目で仮眠。そのまま登って頂上へ。お鉢を回って再び御殿場ルートから下山。一部砂走りを通過してから宝永火口経由で富士宮口へ戻るというものです。
 ほとんど登山経験のない人もいるのに、皆ほとんど高度障害もなく、天候にも恵まれて御来光を拝むこともできました。その後お鉢を回って日本最高地点も踏んできました。特に今回は、石鎚山で登場した掛君の新妻、真子さんも参加していたので、大過なく終了できたことはなによりでした。
 勤務の関係等で参加できなかったメンバーも何人かいるのですが、残念ですが私的には今回をもって富士山は卒業したいと思っています。とはいえ、うちの娘が登りたいようなことをほのめかしており、何らかの形で復活することはあるかもしれません…。
 

余市岳

 投稿者:  投稿日:2010年 7月 1日(木)18時31分4秒
返信・引用
   再び、久々の書き込みです。前回以降もチョコチョコと出歩いていますが、そんなことはさて置いて、と。

 このところ毎年恒例の北海道遠征に行ってきました。今回はツアーの都合で札幌2泊となったので、その周辺の山では最も高いという余市岳に登ってきました。
 キロロネイチャーワールド内のゴンドラに乗って一気におよそ1180㍍まで高度を稼ぎます。しばらくなだらかなに進んだ後、少し下ってからはぐんぐん上り、開けた所に出ると、そこは頂上の一角でした。さらに5分ほど進むと1488㍍の頂上に着きました。
 頂上からは去年登った羊蹄山が、それこそ富士山そっくりに見えていました。
 

熊野古道《紀伊路》ハイキング

 投稿者:  投稿日:2010年 2月20日(土)22時50分18秒
返信・引用 編集済
   久々の書き込みです。前回書き込みから早5ヶ月。その間にもいろいろなことがありましたが、今さらそんなことを言っても仕方がないので、あっさりスルーしてしまいます。

 さて先日、「大阪・オレンジクラブ一歩会」主催の熊野古道ウォーキングに参加してきました。熊野古道を大阪天満橋付近の八軒屋船着場跡からスタートして、最終的には伊勢神宮まで行ってしまおうという壮大なウォーキングの第1回目で、今回は大阪城公園駅から堺市駅までを歩いてきました。
 いろいろ写真なども撮ろうと思っていたのですが、さすがにおそらく百人以上はあろうかと思われる団体の中で自分勝手に行動することはできませんでした。そこで今回はルートを覚えることに徹して、改めて個人的に歩いてこようと思っています。
 また、4月には第2回目が行われるようで、この回は私の未踏破区間である堺市-鳳間が含まれそうなので参加するかもしれませんが、それ以降については今のところどうなるか分かりません。やはり個人的にゆったりと歩きたいと思うからです。
 ちなみに、団体の中で知り合いがいないというのは詰まらないもので、受付時とお店で注文する時以外は人間とは一言も話しませんでした。(犬には話しかけましたが…)
 今回参加できなかった山さん、一緒に行きましょう。
 

今年も・・・

 投稿者:メール  投稿日:2009年12月30日(水)23時26分39秒
返信・引用
  コトシもありがとうございました。色々ありました。当方としては50代突入すばらしいスタートがきれたと思っています。来年もよろしくお願いします。  

穂高岳縦走

 投稿者:  投稿日:2009年 9月21日(月)17時48分22秒
返信・引用 編集済
  9月に入って早々、北穂から前穂を縦走してきました。
去年槍ガ岳に行ったのと同じメンバーが再度集結、そのうちの一人が三十路に入るのを記念(?)するという登山です。ちなみに私は今年で登山歴25年となります。北穂に行くのは14年ぶり、奥穂には16年ぶり、前穂にいたっては何と23年ぶりとなります。
北穂の辺りはガスに覆われて展望はさっぱりでしたが、最終日の奥穂から先は天候に恵まれて非常に楽しい登山となりました。久々にジャンダルムを近くで見て、また悪い虫が出てきそうです。誰か一緒に行ってくれる人がいれば喜んで行きますので、ご一報下さい。
若手らも、去年は少々危なっかしいところもありましたが、今年は中ほどからは何も心配することなく、もう立派な山屋になっていました。来年は劔岳に行くと言っていますが、彼らなら何ら問題はないでしょう。
 

明石海峡大橋ブリッジワールド

 投稿者:  投稿日:2009年 9月21日(月)17時35分47秒
返信・引用 編集済
  ブログには先に書きましたが、せっかくですのでこちらでも報告します。
夏休みのレジャーの一環として、娘を連れてこんな所に行ってきました。本当は、先に瀬戸大橋スカイツアーの存在を知って参加申し込みをしたのですが抽選に漏れたため、まあこっちでもいいや、くらいのつもりで行きました。
瀬戸大橋(南備讃瀬戸大橋)は、宇高連絡船最終便に乗船して瀬戸大橋線一番電車に乗りに行ったこともあって、それなりに思い入れもあったのですが、明石大橋についてはどうも人ごとみたいな感じで、何も知りませんでした。ところがこちらの方がはるかに大きく、主塔の高さは100メートル以上高く、中央支間が二倍近くあるのでした。
許せ、明石大橋よ。何も知らなくて悪かった! といったところです。

まあでも、いつかは瀬戸大橋にも行ってみたいと思います。
 

羊蹄山

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 1日(水)00時23分50秒
返信・引用
  昨年の北海道遠征に味を占めて、今年もまた行ってきました。今度こそはの羊蹄山です。
きついとは聞いていましたが、五十路のオッチャンには本当にきつかったです。そりゃ、標高差1500メートルを一気に往復するのですから、下山時にはヒザがガクガクでした。
頂上付近はやけくそに風が強く、お鉢の上では何度も飛ばされそうになりました。また8合目付近では桜が咲いており、さすがは北海道です。
まあいろいろありましたが、今ではこの遠征にはまっている自分がおり、何とかして来年も行きたいな、と思う今日この頃です。
 

犬、ふたたび

 投稿者:  投稿日:2009年 4月22日(水)23時20分23秒
返信・引用
   愛犬ジャンを見送ってから10ヶ月余り。再び犬との生活が始まりました。2月11日生まれのジャック・ラッセル・テリアで、名前はケンです。今日2度目のワクチンを接種したばかりでまだまだ外遊びはできませんが、この先、犬との生活をいっぱい楽しもうと思います。  

「巨大マメを探せ」

 投稿者:山・kurosionoumiyama  投稿日:2009年 4月 4日(土)15時11分24秒
返信・引用
  巨大マメを探せ、と言うことで毎度おなじみ、八重山諸島・石垣島に家族で行ってきました。

子供の風邪による高熱やら、前線の通過に伴う悪天候やら、忙しい旅行でしたが、探し始めて4年目にしてやっと念願の「巨大マメ・モダマ」の鞘がぶら下がっているのを、見つけることが出来ました、お持ち帰りといきたいところですが、樹高9Mの木のてっぺん付近、採集には木を切り倒すか、猿の手助けがいります、またこいつは絶滅危惧種(レッドデータⅡ)の為に、今回は写真での採集としました、本来この時期は開花の時期なんですが、この時期には珍しく10本ほど鞘がぶら下がり、新芽や花が咲いていました。

念願が叶ってサアたいへん・・・沖縄方面に行く理由がなくなっちゃいました、次の目標考えなくっちゃ!
 

レンタル掲示板
/26