teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


有馬記念

 投稿者:ケン  投稿日:2017年12月24日(日)11時25分35秒
  ◎キタサンブラック
○ルージュバック
▲ヤマカツエース
2着以下は、何が来ても、おかしくない。
人気薄の実績馬で。
 
 

チャンピオンズC

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年12月 3日(日)12時57分43秒
  1番人気が5倍台、6番人気までが単勝10倍以下という大混戦。勝つのはどの馬か。

◎アウォーディー
◯キングズガード
▲テイエムジンソク
△ミツバ
 

ジャパンカップ

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年11月26日(日)15時32分57秒
  ここ10年、外国馬の3着以内がないJC。今年も寂しい顔ぶれだ。

◎キタサンブラック
◯マカヒキ
▲ブームタイム
△シヤケトラ
 

エリザベス女王杯

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年11月12日(日)15時19分32秒
  世代間の牝馬の対決が見もの。秋華賞の1~3着馬が揃った3歳馬が勝つか、牡馬相手にも引けを取らない古馬が勝つか。

◎ミッキークイーン
◯スマートレイアー
▲ジュールポレール
 

天皇賞(秋)

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年10月29日(日)14時39分9秒
  キタサンブラックの天皇賞春秋連覇なるか、道悪の鬼で宝塚記念の勝ち馬サトノクラウンが天皇賞を制するのか、他の馬の台頭はあるのか、注目の天皇賞・秋です。

◎サトノクラウン
昨年末に香港のGⅠ香港ヴァーズに勝ち、夏にはキタサンブラックを倒して宝塚記念を制した。特に時計のかかるレースが得意で、雨で時計のかかる馬場はこの馬には有利。

◯グレーターロンドン
500万条件から5連勝でオープン入り。その後、安田記念4着、毎日王冠を3着。重賞でも通用するところを見せた。雨で時計がかかるのも吉。

▲キタサンブラック
現役最強馬だが、極悪の不良馬場は気になるところ。宝塚記念同様、直線失速と言うこともあり得る。

△ネオリアリズム
今年春に中山記念に勝ち、その後香港に遠征しGⅠクイーンエリザベス2世Cを制した。人気は無いが海外GⅠを勝ったその能力は侮れない。馬場の味方しそう。
 

菊花賞

 投稿者:ケン  投稿日:2017年10月22日(日)10時47分41秒
  重馬場の3000メートル
単純にスタミナ重視で。
◎ベストアプローチ
○ウィンガナドル
▲トロリコールブルー
△プラチナヴォイス
 

秋華賞

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年10月15日(日)14時59分6秒
  オークス馬は不在、桜花賞馬は距離に不安、ファンディーナは皐月賞の後遺症が心配というところで、大混戦の秋華賞。勝つのは実績馬か、それとも上がり馬か。

◎ラビットラン
前走はローズSで後方一気の差し切り勝ち。当初ダート戦を使われていたが、芝に移って2連勝と底を見せていない。
◯アエロリット
春はNHKマイルを制し、前走は古馬相手のクイーンSも勝利。実績と勢いの両方を満たしている。
▲リカビトス
休み休み使われ、ここまで3戦のキャリアだが負けはない。一線級との対戦は初めてだが、勢いを買う。
 

安田記念

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年 6月 4日(日)14時46分13秒
  3週連続でGⅠを勝っているルメールJ。今週も1番人気イスラボニータで挑みます。果たして4週連続GⅠ勝利となるのか。
◎エアスピネル
必ず良い脚を使うが長く使えない。そういう意味では東京コースは不利だが、追い出しをできるだけ我慢して最後の末脚に賭ければ勝機はある。武Jの得意なタイプの馬のような気がする。
◯グレーターロンドン
ここまで7戦6勝と底を見せていない。重賞初挑戦がGⅠだが、母はロンドンブリッジ、父ディープインパクトという超両血。大化けがあっても不思議でない。
▲イスラボニータ
安定度はNo.1。詰めの甘さもマイルという距離ならカバーできる。絶好調ルメールJなら久しぶりのGⅠ勝利もありそう。
 

東京優駿

 投稿者:ケン  投稿日:2017年 5月28日(日)14時25分29秒
  青葉賞のハイレベルが注目されてますが、
プリンシパルステークスも、中々の好内容。
オッズから考えれば、ダイワギャングニーの
方が、コスパがいいかも。
以下◯ペルシアンナイト
▲カデナ
 

日本ダービー

 投稿者:馬券師シゲ  投稿日:2017年 5月28日(日)12時23分58秒
  3歳馬の頂点を決めるダービーです。1番人気は青葉賞を圧勝したアドミラブル。青葉賞を勝った馬はダービーを勝てないというジンクスを崩すことができるのか。

◎アドミラブル
ダービーと同距離同コースの青葉賞を2分23秒台で圧勝。大外18番枠は厳しいがデムーロJなら。
◯カデナ
馬群を捌けず皐月賞では人気を裏切ったが、広い東京コースで見直す手も。心配は牡馬クラシックに縁が無い福永J。
▲ベストアプローチ
1勝馬だが前走は◎の2着。弥生賞4着もあり一線級とのレースでも大きく負けていない。あとは岩田Jの腕でどこまで迫れるか。
 

レンタル掲示板
/30