teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 投稿者:元ぬかる民  投稿日:2018年 1月 4日(木)00時32分12秒
返信・引用
  新野先生 明けましておめでとうございます。今年も元気に書き込みお願いします。昨年はついに、生つるべさんにお会いできました。今年はセンセにぜひお目にかかれるように心がけたいです。  
 

(無題)

 投稿者:ケイちゃん  投稿日:2018年 1月 3日(水)20時00分15秒
返信・引用
  先生 明けましておめでとうございます
美味しいお酒など飲みながらお正月をお過ごしのことと存じます
とにかく先生が元気でいてくださるのがすごく嬉しいです
今年もいろんな感想など書き綴って下さいね ほうれん草読むのが楽しみです
 

官能篇が出たのです。

 投稿者:ゴネッタ  投稿日:2018年 1月 3日(水)11時49分4秒
返信・引用
  センセがお持ちの京都ぎらいに続き、年末に続編が出たのです。
今、店頭に平積みされています。
 

京都嫌い

 投稿者:新野新  投稿日:2018年 1月 3日(水)10時17分10秒
返信・引用
  「京都嫌い」は、うちにもあるので、手にとって見たが、そんな件はない。
なぜか










「京都嫌い」はうちにもあるので、手にとってみたが、そんなくだりはない。
何のことだろう。





 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:ゴネッタ  投稿日:2018年 1月 2日(火)21時34分1秒
返信・引用
  先生、今年もお元気に気ィ良ぅお過ごしくださいね。

さてお正月やすみに読んでいた朝日新書 井上章一「京都ぎらい 官能篇」の中に、
センセと井上章一先生との会話が2ページほど出てきたので、驚いています!

1990年代初め、井上章一先生から、京都と大阪どちらがやらしいかと問われた時、
センセは「大阪のほうがやらしいという前提自体がおかしいわ。どう考えてもそら京都のほうがやらしいわ」
と答えられています。
一般的な京阪像とは違って、センセが大阪以上に京都のことをセクシャルな街だと受けとめてはったことに、
井上章一先生はあれ?もう少し歴史をさかのぼれば京都のほうが淫靡だという時代があったんとちゃうかな、と
センセの示唆によって感じ、この本では時代の記録を拾い出せたというのです。
センセのご指摘が妥当だったと書かれていますよ。

この本、京都人にとっては、え、そんなことも知らんかったんかいなと呟きたくなる項目も多いです。
それでも前半は面白く、その中じめのような位置にセンセとの会話が取り上げられていましたので、
つい嬉しくなってご報告させていただきました。


 

よいお年を

 投稿者:まるやままなぶ  投稿日:2017年12月29日(金)14時26分25秒
返信・引用
  早いものですね。
今年もいろいろありました。
皆さまよいお年を。
先生に来年はお会いしたいです。
感謝
 

落語

 投稿者:新野新  投稿日:2017年12月29日(金)13時39分59秒
返信・引用
  フェスティバルホールに談春の会に行く。
フェスの威容圧巻である。これに談春ひとりが対する。
「文七元結」1時間30分。休憩、25分「芝浜」1時間。
まあ、シンとした観客と談春が一体になった見事な舞台であった。
しかし、しんどい。文七元結、1時間半、芝浜、1時間。ようもこんなに噺を膨らませたものだ。そして、噺も、談春は、どうぞ聞いてください、という演りかたではなく、聞きたいやつは聞け、という演りかただから、それは素晴らしいのだが、ぼくは疲れる。
小さい小屋で、普通の談春を聞いてみたい。イヤ、談春はもうええわ。
 

(無題)

 投稿者:ケイちゃん  投稿日:2017年12月28日(木)14時22分7秒
返信・引用
  チラシにココプラザの住所が載っていればナビに入れて
たちどころに場所が表示されたのですが チラシに入ってなかったでしょうかね
ともあれ70過ぎの運転手さんならナビに不慣れであったのかもしれませんね
先生 来年もほうれん草楽しみにしています お身体ご自愛下さい
 

ナビ

 投稿者:新野新  投稿日:2017年12月24日(日)10時25分20秒
返信・引用
  そうだ、ナビがあるはずなんだ。
ぼくは、チラシを渡したんです。そのチラシにある地図は新大阪から歩いていく地図で、ぼくもよくわからないものでした。
運転手さんもわからないらしくて、会場へ電話をしてくれ、と彼はいいました。
その時、電話なんかもってないよ、とぼくが云ったときの運転手の驚愕顔。
その辺で聞いたらいいやないか、タクシーに乗ってるんやから、その場所に行ってくれんと。
車内、不機嫌になって、運転手は車を止め、出た。そばを歩いている人に聞いている。
で出発。もう1度、聞きに降りたのです。・・・なぜナビを見ようとしなかったのか。
会場の前あたりに着いて、ここかな、と言ってるところへ安岡と天満が来てくれたのです。70過ぎ
の運転手さんだったから、後味の悪い事。
 

お疲れさまです

 投稿者:ケイちゃん  投稿日:2017年12月24日(日)01時14分5秒
返信・引用
  先生 こんばんは お元気そうでなによりです
タクシー ナビがあるのに行く場所が分からないとはおかしいでしたね
転けないのが大事ですからどんどん人の手をかりてくださいね
ちなみに93の義父の病院に着きそう時は義父は杖を使い私はいつも腕を支えてますよ
寒さ厳しいで出かける時は暖かくしてください  良いお年をお迎えください
 

レンタル掲示板
/79