投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:Kyoko  投稿日:2013年10月29日(火)14時22分49秒
返信・引用
  中学時代の同級生です。部活も同じでした。3年ほど前、すごくひさしぶりに犬山のとあるお店で偶然会いました。その時は元気そうだったのに。。ショックです。悲しいです。
元気を絵にかいたような太陽のような人でした。病気になったこと自体信じられなかったです。
『花ぬすびと』で世に出たときも、今回も、いつも驚かしすぎです。。
 

(無題)

 投稿者:仙台 鈴木  投稿日:2013年10月29日(火)11時48分39秒
返信・引用
  今から約30年前僕が20歳の時、明日香さんが初めてのコンサートツアーで仙台
にも来て下さいました。
僕と明日香さんは同い年です。
ヤマハの小さなホールでしたが、明日香さんは今まででコンサートで一番お客
さんが来てくれたと大変喜んでくれたのを思い出します。
そして、仙台の歌『青葉城恋歌』を即興で弾き語りてくれたり、楽しいトークで
大変心に残るコンサートでした。

あれから既に30年の月日が経ちました。
まさかお亡くなりになられるとは…  言葉になりません…

でも明日香さんの美しい歌声は、僕の青春時代の思い出として消える事はありません。
ご病気苦しかったでしょうね。
天国でゆっくりおやすみ下さい。


 

ありがとう

 投稿者:安部  投稿日:2013年10月29日(火)03時11分17秒
返信・引用
  あなたの美しい楽曲は私にとってなによりの宝でした。
中学生のませがきには「おてんばさん」や「コーヒーとふかし芋」は
すばらしい世界への案内となるアルバムでした。

あなたのことを忘れない人間がここにもいます。
どうか安らかに、そしていままでありがとうございました。
私がそちらに行った時には、またあのすばらしい楽曲と軽妙なトークで
楽しませてくださいませ。
 

ありがとうございました。

 投稿者:北海 諒メール  投稿日:2013年10月29日(火)01時55分52秒
返信・引用
  遠い昔、19歳の私は、凍えるような真冬の夜に一人暮らしのアパートで明日香さんの歌を聴き、時に寂しさを募らせ、時に安らぎをもらいました。一人が寂しいだけでなく、見えない未来が不安でした。思えば、影響を受けて書いて、歌った曲もありました。

30年が経った今でも、疲れた夜に灯りを消して目を閉じ、その歌声に遠い昔の光景と、これからの希望を思い描いています。その声は、優しく眠りに誘ってくれることもあります。

1年前、東京から愛知まで30周年コンサートを聴きに行って、やっぱり良かったです。会場で再会した昔の仲間は「少年くささが変わっとらんね」と名古屋弁で笑ってくれました。それさえも、明日香さんのおかげです。

明日香さんの歌声が、私の中から消えることは、きっと死ぬまでないでしょう。今までの30年間も、そしてこれらもずっと、ほんとうにありがとう。
 

ありがとうございました

 投稿者:大分の1ファン  投稿日:2013年10月29日(火)01時00分28秒
返信・引用
  「花ぬすびと」の頃から、明日香さんのファンでした。あの透き通るような声が大好きだった。ステージでのMCも楽しかったし、ピアノも素晴らしかった。
もうあの歌声が聴けないと思うと、ただただ悲しくてなりません。

どうか、天国でも歌い続けてください。
ありがとうございました。
 

思い出とともに・・

 投稿者:にんにん  投稿日:2013年10月29日(火)00時54分51秒
返信・引用
  『明日できることは、今日するな』明日香さんのライブにて購入したパンフにあった言葉。
そう・・ あれは高校時代のことだから、もう30年も前になるんですね。確か明日香さんも20歳のくらいの頃であったから、お互い明日は必ず訪れると信じていた若かりし日々。

当時熱烈なファンを自認していたのに、いつしか時は流れて・・ 私の心の中では、明日香さんは消息不明になっていました。そんな40代も半ばに差し掛かるある日のこと、再会できたのがブログの中での明日香さんでした。
母として、そしてご自身の病と向き合われて生活する明日香さんの姿には冒頭の言葉の影は微塵もありませんでしたね・・・ そんな明日香さんと再会することが出来たことを感謝しています。その後、折に触れ40代になった明日香さんの生き様の片鱗にブログで接することができたのは、とても意味のある時間でした。

あのイベント会場で握手してくれた貴方の手の温もりと笑顔、そしてマイスケからいつも励ましてくれた『明日もみんな、ガンバ』の声をそっと胸に秘めつつ・・・
 

思い出

 投稿者:高校の後輩2  投稿日:2013年10月29日(火)00時10分42秒
返信・引用 編集済
  犬山に帰ってこられてから、FM愛知北の番組を聞いたり、近くでのライブに何度も行きました。
でも、最近は、仕事の都合や家庭の用事でなかなかライブにも行けず・・・
高校の学校祭で歌っていた明日香さん。たまたま知っている先輩が同じクラスだったので
少し話すことが出来て、その明るさに、「楽しい先輩だな。」と思った。
卒業後、ラジオを聞いていたら、聞き覚えのある声が・・・・
世界歌謡祭?何それ?世界???でも明日香さんだよね?この声、このしゃべり方。
まるで昨日のように思い出されます。
高校時代、僕が部活の試合帰り、しかも自分のミスで負けた試合の帰り、
新名古屋駅のホームで、あの明るい声
「おーい、○○君!!」
びっくりして僕が振り返ると、あの笑顔
「どうしたの?何でここにいるの?あっ!試合の帰り?勝った?あれ?元気ないね?さては、負けたの?」
僕に返事をさせてくれない・・・・
「僕のミスで負けました。」と僕。
「そうか。でも、くよくよしていても、時間は戻らないよ!今から出来ることを精一杯やろう!」と明日香さん。
あの笑顔とあの声で言われたら・・・
最寄りの駅まで、ずっとおしゃべり。
僕の方が後輩なのに、まるでずっと前から知っている友人の様に接してくれました・・・
明日香さんの訃報を聞いて、こんな事が思い浮かびました。
きっと、闘病中も「今できることを精一杯」やっておられたのでしょうか?
でも・・・・いくら何でも早すぎます・・・・
明日香さん。お疲れ様でした。ゆっくりとお休みください。
何年後になるかわかりませんが、僕がそちらへ行ったときは、あのときの新名古屋駅のように・・・・
「おーい!○○君」って声かけてくれますか?
 

いつまでも

 投稿者:いぬえ  投稿日:2013年10月28日(月)23時49分27秒
返信・引用
  明日香さんの歌を生で聴くことは、遂に出来なくなってしまいました。
でも、残していただいた音源は、これからも、ずっと聴き続けます。
哀しみと、感謝の想いでいっぱいです。
 

似ているのかな

 投稿者:似ているのかな  投稿日:2013年10月28日(月)23時33分23秒
返信・引用
   ずっと気になっていました。

 愛知県、B型 それだけでなく、言葉で表現できない何かがあったから応援していたんだと思います。


 まずは、精一杯生きた人生にお疲れ様でした。

 日頃ブログで語ってた貴女の子供に対し、素敵な生きざまを見せつけたのではと思います。

 私も子供を持つ親として、生き様伝えるのは大事なことだと思います。

 子供に魂は引き継がれると信じています。


 さて、私は、明日香さんの知人?にそっくりと(ライブ会場で)言われ、表現困っていました。

 でも、そんなインパクトから親しみ感じたくさんのライブ見させていただきました。

 正直ブログを拝見していましたが、こんなに明るくふるまっているあなたが、このようになってしまうとは想像つきませんでした。

 中学生のころに聞いた、コッキーポップの花ぬすびとを聞いた時から愛知県出身とありずっとも守っていました。

 好きな歌、一つに絞れないですが、どの歌も、温かみのある歌に感じていました。

 天国でも歌って下さいね。

 ありがとうございました。
 

懐かしさと悲しさと・・・

 投稿者:  投稿日:2013年10月28日(月)22時41分17秒
返信・引用
  34年前1年生で入ってきた君は、いつもキラキラして輝いていてかわいく、いつの間にか惹かれて行く自分がそこにいたことをいまでもはっきり覚えています。大きな舞台へ出て行く君を見ているのが楽しかった。今日、同級生からの凶報でお亡くなりになったことを知りました。残念でなりません。胸の奥が締め付けられているようで、哀しみが止まりません。君の、心に響く詩が曲が声が願いが、いつまでもみんなの心に残り続けることを祈っています。ありがとうミナ。  

無題

 投稿者:三重県の伊藤です。  投稿日:2013年10月28日(月)21時34分28秒
返信・引用
  もし場違いな書き込みだったら申し訳ありません。
明日香さんの死にショックを抑え切れず、霊感の強い男性の友人にメールを送ったところ、以下の返事が来ました。
(原文コピーです。)


『お亡くなりになった方は いい日にあの世に召された すごく幸せな方です。 多分 この世が必要とした 以上に あの世が必要として 呼ばれた方ですから いい人生を送られた 人に喜ばれた方ですよ。』
詳しい情報をあまり書かなかったにも関わらず、分かる人には今までの明日香さんの生き方まで感じ取れたようです。
僕は、このメールでの返事を読んで、重苦しい気持ちが和らぎました。

信じない方には不愉快な気分にさせたかも知れませんが、どうしてもお伝えしたくて書かせて頂きました。

明日香さんは、太く短く幸せな人生を送ったと信じています。
 

ありがとうございました

 投稿者:いろは  投稿日:2013年10月28日(月)21時28分23秒
返信・引用
  同じ年代なので「花ぬすびと」は知っていたけれど、特に気にはしていませんでした。5年ほど前にふとしたきっかけで名古屋のライブで歌を聴きファンに。このサイトでライブ情報を見ては出かけてきました。この年齢になって出会ったのは幸せでした。老いる事はつらいけど、歳を重ねる事は悪い事ではないって思える歌でした。最後まで素敵な歌をありがとうございました。  

明日香さん おやすみなさい

 投稿者:ひさ  投稿日:2013年10月28日(月)20時56分57秒
返信・引用
  このページを久々に見て、まさかお亡くなりになっていたとは。今も信じられない思いで一杯です。
デビュー当時からの秘かなファンだったのに、出不精で恥ずかしがりだったせいか、生のコンサートに行ったのは昭和60年代の一回だけで、確か伏見にあったハートランドのお正月ライブでした。舞台に出てきた明日香さんの姿、そして第一曲目の「ケセラセラソング」のノリのいい歌いっぷりは永遠に忘れられません。大好きな曲だったので一番に歌って下さってとても嬉しかったです。
その後はCDやFM愛知などで歌声を楽しませていただいていましたが、もう一度ライブに行っておけば良かったと思うととても悔しいです。

どうぞ安らかにお眠り下さいね。そしてこれからも天国で歌い続けて下さい。
 

お疲れ様でした

 投稿者:てんころ母  投稿日:2013年10月28日(月)20時27分15秒
返信・引用
  あなたの毅然とした闘病生活の最後に、かける言葉があるとしたら私にはお疲れ様でしたということしかできません。痛くて辛くて大変なのは手に取るようにわかるのに精一杯の笑顔を見せてくれていました。口癖?と思えるくらい「大丈夫ですよ」って。私の顔を見るとパワーがもらえるって、入院中もお散歩リハビリの時に会いに来てくれましたね。廊下で待ち伏せして「やった~。会えた~」って嬉しそうに笑うあなたにもうあえないのが、何より寂しいです。

もう指先のしびれも、お腹の水も足のむくみもとれちゃったから、思い切りピアノを弾いて大きな声で歌ってください。息が苦しくて、お腹の中のチューブが邪魔をして出にくかった高音も大丈夫だよね。

明日香さんのファンの私にとって、本当の明日香さん…いえ黒坂美奈子さんと過ごした日々は大切な時間でした。巡り合えた奇跡に感謝です。

最後まで凛として、「11月3日のコンサートが終わるまでは入院はできません」と言ったあなたに拍手をおくります。全国にいらっしゃるファンの皆さん、明日香さんは頑張ってました。あの小さな身体で真正面から病気に立ち向かっていました。そして最後まで、歌いたいと願っていました。残念ながら明日香さんの身体は天に召されましたが、あの優しい魂はご家族のそばで永遠に輝いていると思います。

本当に悲しいけれど、いつか私がそっちに行った時には一曲お願いね。明日香さん。
 

安らかに

 投稿者:東北の一ファン  投稿日:2013年10月28日(月)20時11分33秒
返信・引用
  明日香さんより一歳下の男です。今回の悲しい報せで久しぶりに明日香さんのことを
思い出しました。学生時代に小さなライブに行きました。気さくなお人柄と楽しい
トーク。何よりもすてきな歌。すっかりファンになりました。ご病気のことは初めて
知りました。青春時代の大切な思い出が一つ消えたようで寂しい。
今日は明日香さんの歌を聴きながら飲みます。男泣きしてもいいよね。
同年代の方が亡くなるのはつらい。特に明日香さんのようなすてきな人が。
合掌
 

(無題)

 投稿者:ともみ  投稿日:2013年10月28日(月)19時48分34秒
返信・引用
  二度目の投稿失礼します。
ここのホームページはそのまま残して下さるとありがたいです!ここがなくなると明日香さんの思い出もなくなってしまいそうで…
改めて昔のブログなど読みたいと思います。
 

明日が香る今日

 投稿者:ワカチコ  投稿日:2013年10月28日(月)18時59分49秒
返信・引用
  “お菓子の城”は2つのメロディーがメリーゴーランドのようにクルクルと行き来して、
このまま歌が永遠に続くのだろうかって不思議な気持ちにさせられます。
“花ぬすびと”もそうだ。
高井麻巳子さんのアルバム『いとぐち』だって、明日香さんの作られたラストナンバーが
なぜだか“ようこそ...”というタイトルで、聞き終わるともう一回盤面をひっくり返して
A面1曲目の“くちびるの願い”…そうこれも明日香さんの作品…が聞きたくなる。

明日が香る今日。花はぬすんでも、またそこに咲く。

そうやって時間をつないでいるから
明日香さんの残された作品は、終わることなく誰かの心で鳴りつづけるでしょう。

1度だけでしたが、お話できて嬉しかったです。ありがとうございました。
 

明日香さん、ありがとう。

 投稿者:紙ひこうき  投稿日:2013年10月28日(月)18時07分21秒
返信・引用
  明日香さんのニュース、驚いています。
FMリクエストアワーのあの時代、FM愛知での番組など、思い出すばかりです。
そして、何よりもの思い出は、明日香さんとの対談と、その際のイベントでの生涯のお買物でした。
明日香さん、今まで、本当に、ありがとう。
ゆっくりと休んでくださいね。
 

(無題)

 投稿者:ささゆり♪  投稿日:2013年10月28日(月)17時11分19秒
返信・引用
  ただただ泣くばかりでどうしていいかわからずに
昔の『花ぬすびと』ずっと観ながら聴きながら、
ごめんなさいと言ってます。
可哀想なことしたなと、申し訳ないことしちゃったなと
ずっとずっと謝ってます。
生きて、もう一度、歌を聴きたかったです。
『花ぬすびと』も『卒業白書』も『SO LONG』もみんな
みんなとってもいい曲で、大好きでした。

ありがとうよりごめんなさいが先で、ほんとにすみません。
悲しくて、どうしようもありません。

明日香さん、ごめんなさい。
 

ご冥福をお祈りいたします

 投稿者:たれぞう  投稿日:2013年10月28日(月)17時00分53秒
返信・引用 編集済
  明日香さんがポプコンで歌っていた時からのファンです。
今日,訃報を知りました。

中学時代にポプコンにはまっていた私は,明日香さんの歌声にとても魅了されました。中学・高校の時代は愛知県に住んでいましたので,ラジオ番組を欠かさず聴き,公開録音にも足を運んでいました。
大学以降は北海道に来ています。明日香さんも一時期北海道に住まれていたのを知り,不思議な感じがしておりました。

今日,改めてCDで明日香さんの歌声を聞きたいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。
 

/117